上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【きょうのオスカル】というコーナーにゆうひさんが写真入りで紹介されています。

コメントは「迫力のある歌とダンスで客席を沸かせた」
お写真は白軍服を着用されているシーン。
この写真がまた!
美しいのなんのって。ゆうひさんオスカルの凛々しさを余すところなく写しとっていて。
カメラマンさんGJ!
(ファンが書いてるわけですから・・・)
(文句があったら、ベルサイユ宮殿へ、どぞ)
記事の大きさはそれほどでもありませんが、
雑誌と違ってスポ新は安い!(これ大事)
でもってこの写真!
買って良かった~。

因みにメイン記事はとなみちゃん。
「きらきらボートでフェルゼンと夜のデート」写真が大きく使われています。
スポンサーサイト
2006.01.30 1/29出
お洋服は朝と一緒。
ハンチングはグレーでした。

今日もニコニコ笑顔でお受取下さいました。
お声もはっきりと
「ありがとぉ~」

やっぱり今日も受取終了タイミングとお車到着タイミングが違っていて、
「ばいば~い」とおっしゃりながら駐車場方面へ歩かれるゆうひさん。
ファンの前で待たれるスターさんもいらっしゃるけど、
ゆうひさんは待ってるより行動!なんでしょうか。

お車からも「お疲れ~」等おっしゃりながら手を振ってくださって、
帰って行かれました。




【全然関係ありませんが・・・】

●朝ごはんを食べていたら安奈淳さんと遭遇。前日ディナーショーだったようです。
 お肌きれ~!ベルばらの話題とか男役の身長とかについておとりまきの方々と話してました

●帰宅の前に立ち寄った場所でとうこさんと遭遇。お茶会(某所がどこかバレるな)だったようです。白スーツでキレイでした。これから会場に向かう為エレベータ前で待ってらしたようです

●プロバンス伯爵が、日に日に鼻声度がアップしてるのが気になる・・・。
オスカルぅ~ん。スタイルばつぐぅ~ん。
(昨日夜公演と一緒です)
2006.01.29 1/29入
【入り】
●お洋服
ハンチング帽(色は忘れました)、黒サングラス、
紺ショートPコート、赤プリングルのマフラー、
濃いグレーに白ピンストライプ上品系カーゴ、黒靴、黒金ヴィトン。
●朝からとてもすごい人数のファンが集結。
くっきりはっきり「おはよ~」
楽屋口前で後続のファンが揃うのを待ってるゆうひさんが、めちゃくちゃかわいかったです。
人の流れをじ~っと見つめている。

じわじわと、お口半開きに

まだ終らないファンの流れ

徐々に口の端があがって

ラスカルに!

全員揃ったのを見届けて

「はいっ!」

と力強くおっしゃて(ファン爆笑)

お手振りしながら「いってきま~す」

楽屋の方へ行く時に再度お手振り

もんのすごくかわいい~!
なごやかで楽しい幸せ~な入りでした。
【入り】
●お洋服
光沢のある白ハンチング帽、黒サングラス、
黒ショートダウン、シルバーフォックスのロングマフラー、
D&G気持ちクラッシュ気味のジーンズ、紫ウエスタンブーツにジーンズの裾をイン、黒金ヴィトン。
●今日も口の端がキュっと上がった笑顔を見せて下さいました。
楽屋の方へはちょっとお急ぎ気味。
それでも、しっかりしたお声。
お手振りもはらはらと振って下さいました。

【出】
となみちゃんがゆうひさん会の前を通られたんですが、なんとなんと!
チマチョゴリ!
白を基調にポイントに赤を使っていて、さらにわっかを下に入れてるのかな~?という位裾が広がっていて。
ゴージャス且つかわいいかった!
そこら中から「かわい~!」の溜め息が。
目の保養をさせていただきました。
ゆうひさん会の前を通られる時は、頭を下げながらにこやかに「お疲れ様でした」とおっしゃてました。
昨日のわたるさんと言いとなみちゃんと言い、すごく感じの良い方達です。

ゆうひさんの出。
お洋服は朝と一緒。
にこにことお手紙を受け取られていました。「ばいば~い」とおっしゃてお車の方へ。
今日も花の道が途切れた所で乗り込まれました。
にこにこお声をかけながら手をふって帰って行かれました。
あぁ~ん。完璧な(だか素敵なだか素晴らしいだか・・・忘れました。とにかく褒めて下さってました)スタイルぅ~ん。
二人で夕日が見たいわ。ゆ・う・ひ がぁ~ん。
【入り】
●お洋服
グレーソフト帽、黒サングラス、白ファーコート(エリザ大劇茶プレ)、普通のジーンズ、黒靴(レースアップブーツ?)
●にこやかにはっきりした感じでお手紙をお受け取り。
さささっと手をふって楽屋の方へ。
にこやかな笑顔と力強い足取り。
公演への期待がふくらみました。

【出】
入りの時は気がつきませんでしたが、バッグは黒金ヴィトンでした。

楽屋口にはわたるさん会とゆうひさん会のみでした。

先にわたるさんが出てらっしゃいました。
黒サングラス、黒コートウエストとか袖口に素材違いの生地のライン、帽子なし。
お車に乗り込まれ、颯爽と手を振るわたるさんはどこまでも男前。
隣りのゆうひさん会の前にさしかかったら、会釈をして下さいました。
優しい~!
ゆうひさん会からは黄色い悲鳴が。

さてさてゆうひさん。
出ではサングラス無しでした。
やわらかい笑みを浮かべながら、かなりの人数のお手紙を一人一人からはっきりしたお声をかけて受け取られていました。
お車がガードの前まで迎えに来たのですが、後ろから一般車がきてしまい、ゆうひさんが受け取りされてる間、一旦先まで行ってUターン。
花の道の途切れた所まで行かれて
乗り込んだ状態でガードの前へ。
端から端までしっかりご覧になりながらにこにこ手をふりながら帰って行かれました。
2006.01.27 2幕
●今宵一夜
ちゃんと瞳子さんにつつまれていました。
物理的にもだけど、二人の関係性においても、とうドレが愛情た~っぷりに包んでくれてるな~という感じでした。
瞳子さん、ありがとう!
●淑女S
正面から見るとショート(アメドリあいあい風)でも後ろの髪は長い、黒の鬘に右側にきらきら髪飾り。
次は女装、勿論きれいよね、と予想していてもそれ以上の迫力美人さん。
わたるくんと並ぶと、超大型美形カップルぶり。
わたるくんの包容力がここぞとばかりに発揮されて、
ゆうひさんのかわいいことと言ったらもう!
わたるくん、ありがとう!
シャイなお方。かわいい~!
2006.01.27 ゆひカル初日
あさかな、リュウ様はじめ月組生多数観劇。
ゆうひさん、愛されてますね。

りりしくかわいく美しく。
なんともたまらないオスカル様です!
もういいかげん雑誌はいいかな~?
なんて思って、立ち読みで済まそうと思っていたのですが、
透明感あふれるお写真にやられてしまい、結局買ってしまいました。

それにね、もうすぐ本番かと思うと・・・。
いてもたってもいられなくって。

ゆうひさんの意気込みを何からでもいいから感じたい、
とでもいうのでしょうか。
(先日は勢い余って・・・)


お写真はさっきも書いたとおり、
透明感あふれ、ピュアで無垢で
心が洗われるかのようです

インタビューでは、
「オスカルのどの部分が男性でどの部分が女性なのか、その辺りを作っていくのが楽しみ」
というのが目をひきました。
そして、大きな作品の中に
「自分をどう息づかせることができるか。他の作品とは違う入り方を」
ということで、もう明日!になりますが、ほんとに楽しみな気持ちが増すばかり。


そしてラスパについても。

「欠点も魅力よねって言ってもらえる男役ができたらいいなと。そんなフィッツジェラルドを演じられたら」
とおっしゃってますが・・・。
既にそういう男役さんですよ、ゆうひさん。

でもって

「前回以上のものを作りたい」

とおっしゃっているので、こちらも期待大!
婦人公論2/7号に

宝塚「ベルサイユのばら」の輝き  集中連載4
【オスカルとアンドレ ― 華麗なる男役5人の競演】

という記事が掲載されています。

「そのなかでも注目される特別出演の5人を紹介」
ということで、
瞳子さん、かしちゃん、水さん、きりやん、ゆうひさんと(掲載順)
各1ページずつ(たて半分はかっこ良くポーズをつけた私服写真)
インタビュー記事が載っていました。


●瞳子さん
・写真・・・変わったデザインの襟のジャケットにジーンズ
・記事・・・3回目の出演なので、期待されている形の新しい反応を引きだしたい。
      アンドレとしては、5人のオスカルを相手にするので、5色でお見せしたい。

●かしちゃん
・写真・・・ストライプのスーツに黒(?想像)のシャツ
・記事・・・オスカルは、女心の部分と軍人としてばりばりやっている部分の兼ね合いがポイント。
      ジェローデルは愛故に身を引く懐深く器の大きい男性。
      そんな彼の大人の部分を、貴族の誇りも含めて滲み出したい。

●水さん
・写真・・・ジャケットにジーンズ、ファーの細めマフラーを、向かって右で
      肩の所で一結びして前後に垂らしている
・記事・・・今回のオスカルは大人の部分を見せていきたい。
      アランのオスカルに心酔していく過程をしっかり描きたい。
      「ヴィジュアル派」なので3役とも鬘と軍服にこだわりたい。

●きりやん
・写真・・・ちょっと軍服風のミリタリーショートジャケットにタートルネックセーター(?)
      カーゴ(?)パンツ
・記事・・・オスカルはお客様にイメージが強くある作品なので、舞台で息できるかな?
      という位緊張中。
      精一杯やるだけ。お客様のイマジネーションを広げられるような舞台にしたい。

●ゆうひさん
・写真・・・黒ベルベットジャケット、グレーフード付きパーカー、
      クラッシュデニム、髑髏ネックレス・・・ってあれ?
      「別冊コーラス」と一緒だ!
      あれ?じゃ、きりやんも?
      
      (・・・調査中・・・)         

      きりやんはちがうお洋服だ~。(着替えたのかな?)
      あの日は2件の取材だったのでしょうか。
・記事・・・母に抱かれて観た「ベルばら」は憧れの演目。出演決定は衝撃だった。
      「美神」という最高のイメージのあるオスカルを、どこまで体現できるか
       大きな課題に挑戦したい。
      「何かを表現したい」その思いをぶつけられる舞台にしたい。


5人の皆さんの役への思いはさまざまですね。
星組さんは既に後半戦に入っていて、現在上演中の水さんとその後のゆうひさんを残すのみ。
もう舞台に上がられた方は、こだわりを舞台にぶつけられたのでしょうか?
そしてこれからのゆうひさんは!?

気になる~。
あと1週間後ということで、本格的にドキドキしてきました・・・。
2006.01.17 別冊コーラス
スズキさんの【ひっそり大空祐飛】さんのところの記事を読み勇気をいただいて、
やっと買う事ができました。

「別冊コーラス」

そんな覚悟が必要な雑誌なのか!?

スズキさんのところのコメントにも書きましたが、
「レディコミ」(=女のエ●本)っぽかったので・・・。
しかも表紙はマリー様とオスカル様のイラストで。
恥ずかしかったのですよ。なんとなく。

実際買ってみたら、既婚者向けほのぼの家族漫画ってかんじでした。
大丈夫。
いやそれどころか、いくつかには泣かされましたよ。
(全部読んでしまった)
(そしてどんだけ涙腺弱いのだ、私)

ま、それはおいといて。



あぁ、買ってよかった。(幸せ抱きしめ)
これで思う存分、誌面を見ながらニヘラニヘラできますよ。



スズキさんもおっしゃってる一番小さい写真の笑顔写真。




犯罪級にかわいいんですけど。

どうしましょうか。
逮捕しときますか。



このかわいい笑顔をあ●こちゃんは独り占めしてるわけね。
ふぅ~ん。
そうだ、ケ○さん目撃情報もあったから、今頃はケ○さんが独り占めしてるのかもね。
ふぅ~ん。
とか、そんな感慨(?)も置いといて。



もうね、子供のように無邪気で無垢な表情がたまりませんよ。
ほっとけないっていうのかな~。
守らせて下さいといいますか。
ああかわいい。

でもって私的ポイントは、このお写真でお召しになってるお洋服。

ジャケットにパーカーに髑髏ネックレス。
おお!これは!
お仕事で出が遅くなった時のアレ
ですな。

このカジュアルな服装に、髑髏とはいえキラキラダイヤのネックレスを合わせるの?
しかもすごいがんばって見えるように出してくださっていて。
と、ちょっと不思議だったのですが、そういう事でしたか~。
こういうお気遣いにまたまた惚れ直しちゃいますわ。

ということで、あのときのお仕事はこれだったのかと判明し、謎も解けてスッキリ
買って良かった~。
本日の大シャッフルを見て、色々思う事はありますが。

上級生の方々の発表がまだですが。

とりあえず・・・。



個人的には、ちょっと嬉しい人事がありました
花組観劇回数が増えそうです。
花ファンの皆様、宜しくお願いします





... 続きを読む
2006.01.07 新年会
友人と新年会をしてきました。
彼らはヅカ活動の7割方を話してる人たち。
その彼らに、帰省したときのエピソードを話した所
【人非人】
と認定してくれたわけです。



彼らからすると
ヅカに嵌る気持ちというのが良くわからないらしい。

「つきあいたいの?」

とか言う輩もいたり。
これは男子の発言。
男って、ビアンドリーム強い気がするのですが。なぜ?
(これはいつかまた詳しく書きたい)

まあ、それはおいといて。

なので、

最近非常に寝る時間が早い(てか起きてられない)
睡魔に勝てない
体調がいまいち

という話をしたら、一言。



「過労だよ」



とにべもないお言葉。

入り出に通った話とか、年末年始の事とか知ってるからそうなるんでしょうけど、
ヅカ友ならここは



「ゆうひちゃん切れだよ」



と来るところなのにな~。
過労だなんて理由、寂しいな~。
2006.01.05 ムラ詣で
年末に、2005年ヅカ関連観劇回数を出しました。
今度はムラに行った回数を出してみました。

え~、面倒なので詳細は省いて回数だけ。

20回。

月2弱か・・・。

行くときは行くけど、いかないときは全然だからね。





... 続きを読む
2006.01.03 初詣
実家に帰省しました。



当然、親は不審がります。なぜ会社が休みに入ってすぐ帰ってこないのか。
(↑一旦実家に帰ったら、出にくいから)


しかも、なぜ年が明けてから帰ってくるのか。
更に元旦でもなく・・・。
(↑ムラにいたから)


Jからは足を洗ったはずなのに。
(↑ゆうひさんにはまったから)


質問をぶつけられましたが、正直に答えられるわけもなく。
Jであれだけ嘆いていた親です。
今度はヅカ!おんなじゃん!と言われるのは目にみえてますので。
(うちの親は「じゃん」とは言いませんが)
(友人からは突っ込まれ済)


で、一言。



「初詣に行ってた」



(ゆうひさんにはじめてお会いするんだし)
(しかも今年に日付が変わった瞬間)
(今年初めてのゆうひさん詣で = 初詣)
(嘘じゃないじゃん♪)



友人からは【人非人】認定されました。
ヅカに嵌った事をカミングアウトできない私の、精一杯の理由なんだけどな~。
嘘じゃないし。
だめですか?(誰にきいてるんだ?)
ベルばらという演目そのものについて私は、



・宝塚=ベルばら
・コスチューム物
・華やかさを存分に味わえるもの



というものと思っています。
実際、一度も見たことのない人にどんな演目が見たいか聞くと

「宝塚らしい華やかなのがいい」
「ベルばらが観たい」

と返ってきます。
まあ、そんなものでしょうね。
私も死ぬまでに一度はベルばらを生で見たいものだ、と思ったりしてました。

なので、この演目に作品として多くは望んでません。
美しいものを見せてくれれば良し。
華やかであれば良し。


でも。

ひとつだけ。

ど~~~~~しても気になる箇所が・・・。

それがバスティーユなのです。


私は、バレエ等の専門知識はありません。
(漫画でしいれたものしか)
(テレビでしか見たことないし)


単純に好みかどうかとか、そんなものなのですが。

バスティーユのオスカル中心にしたあの群舞って、どうなんでしょう?
非常に微妙に感じられるのですが・・・。




... 続きを読む
●開始30分で今宵一夜からバスティーユまで終了。
●フィナーレ
淑女S。
肩出し~
スカート一部分ミニ~
わたこむデュエダンを見ながら、
素顔のゆひリュウ奈落のお稽古がだぶって見えてしまったイケナイ私。

大階段男役群舞には特出さんは出ないんですね。組子だけなんだ~。
当たり前ですか?
●パレード
タキさんエトワール後こむカル→とうドレ→となみちゃん→わたフェル。
となみちゃんまでは同じ歌を歌い継いでわたさんは違う歌。
歌いながら階段降りするメンバーが少ないので、一人の持ち時間が長い!
他の四人も同じ長さもらえそう?
●初日挨拶
こむちゃんご挨拶→わたさんご挨拶。
これは、こむちゃんの立場を考慮してのこと?
楽でゆうひさんもするのか?
一部時点で、今宵一夜までいってません。
噂通り、バスチーユは2幕のようです。
簡単に出演シーンを挙げてみます。
●オープニング
例の漫画から飛び出すマリー、フェルゼン、オスカル。
●オスカル×フェルゼン
例の「君は女の気持ちを云々」のあとに【愛の巡礼】
●貴族の矛盾
伯爵との意見の対立
●夜の巡回
他にアンドレ、ジェロ
「アンドレ、まってよ~」
●宮廷
フェルゼンが帰国するに当たっての理由説明の時の居並ぶ家臣群。
2006.01.01 1/1 鏡開き
かしちゃん、水さんの鏡開きを見てきました。
●お着物
・かしちゃん
白地に黒の濃淡で薔薇の花柄。
・水さん
錆朱とグレーのぼかしに花柄。

もちろんお二人とも下には緑の袴・
足首よりちょっと上の生足チラ見えサービスが、
新春早々めでたい!(サービスなのか?)

●それぞれのご挨拶
・かしちゃん
去年に引き続き新年早々舞台に立てて幸せです。
5/22誕生日に組替えですが、今後もがんばりたい、といった事をおっしゃってました。
この組替えの話題が出た瞬間、水さんのお口がわずかに開き、複雑そうな表情になってました。

●鏡開き
よいしよ!の掛け声と共に、お二人同時に槌で勢い良く割りました。が、割り切る事ができず、かしちゃんが男らしくがつんと割ってました!
美しいルックスとのギャップがすてき!

割った樽からお酒を飲むのですが、
お二人ともぐびっと良いのみっぷり。
なんとかしちゃんは一気飲み!(かっこい~
一口飲んで顔を上げた水ちゃん、横のかしちゃんを見て、
「え”!全部飲むの!?・・・じゃ」(お得意の勝手アフレコ)
みたいな表情をなさった後、水ちゃんも一気にぐいぐいっと!


水ちゃんは、何かにつけ上級生のかしちゃんを立てているのがわかり、
かしちゃんは、上級生だけど、割るときの白手袋とかあれこれを
横のテーブルに水ちゃんの分も置いてあげたりと、
なにかとまめまめしくお世話してあげたりリードしてたり、
なんだかいい雰囲気が流れてて・・・ツボりました。
ベルばらカウントダウンに参加してきました。
一年のしめくくりと始まりをゆうひさんと共に過ごせるとは
各方面に感謝しなくてはです。

記憶を頼りに、なるべく映ってない部分をフォローできれば、と思います。放送と重なる部分もあるかもしれませんがご容赦を。

●ご登場
真ん中の通路から、ゆうひさんが先頭きってご登場。
まわりをゆったり見渡しながら壇上へ。
●お洋服
約束通りジャジー東京お茶会プレゼントのジャケット、グレー胸にヒラヒラ付いたシャツ、黒ベロアのぴったりしたパンツ、黒靴。

●壇上では、上手からまーちゃん、ゆうひさん、水さん、えりたん。
竹下さんからご紹介があった後は、まずは雪組さんチーム3人による対談。
その間ゆうひさんは上手セット裏へ。
●雪組さんチームの歌の後ゆうひさん再登場。上手ゆうひさん、下手竹下さんという配置で椅子に座ってのインタビュー。
この辺の詳細はm’sDIARY観劇日記を参照していただくとして。
私はツボったポイントだけ。
竹「オスカルでの出演が決まってどうおもいましたか?」
ゆ「ほんっとに驚きました」
この時に、椅子に座りながら飛び上がって驚きを表現していたゆうひさん。(かわいい)ほんとに驚きをだったんですね~。
竹「ベルばらというと目に星というイメージですがその辺はどう?」(冷静になってみるとすごい質問だよね~)
の質問に
おめめを大きく見開いてパチパチするゆうひさん。激かわ

●インタビューが終わったら、出演者のしめとして歌のプレゼント。
【愛の巡礼】
イントロが始まり、用意の整ったセンターに立った瞬間にオスカルの表情に切り替わるのが何とも言えません

●歌に酔った後はプレゼントコーナー。

会場のお客さんの抽選は水さん、視聴者さんからの抽選はゆうひさんが。

●カウントダウン
カウントダウンは20秒前からなのに1分以上時間が余ってしまいました。
時間稼ぎに竹下さんから質問。
「皆さん来年やりたい事は?」
何度もこういう場面がありました。
゛皆さん゛と一纏めに質問されることが。
その度に率先して答えるゆうひさんが、(最初は、大空さんから、と振られてたんですが)
上級生だな~
かっこいいな~
と。
インタビュー映像であさちゃんが
「大空をよろしく」って言って下さってましたが、(ありがと!あさちゃん!愛を感じましたよ♪)大丈夫。
立派でした。

ええと、話がかなり逸れましたが、時間稼ぎのためあたふたしながらの回答は
ゆ「健康に注意してがんばりたい」
さすが健康オタク!

カウントダウン後、スカフェちゃんたちが宝塚ホテル玄関前で一般客へインタビュー。

その間のゆうひさん。
何かと隣りのまーちゃんとこそっとしゃべって笑い合うんですが、もうもう!
かわいいのなんのって。
まーちゃんって目が無くなる系の笑顔じゃないですか。
それにつられちゃうのか、ゆうひさんも目が無くなっちゃうのです。

インタビュー後、会場と会話。
その後もう一度お客さんと話そうとしたらもういなくなっていて!

その状況に大うけの会場の4名。
いわゆる、こけるリアクションまでご披露。(だったような)(大サービスだ)


そんなこんなでカウントダウンをしてエンディングへ。
全員での【愛あればこそ】
この時のゆうひさんの表情がまたまた秀逸
せつない表情、幸せそうな表情、苦しげな表情、堪能しました!
そして、ゆうひさんの歌声がとても良く聞こえてきました。

最後にスカフェちゃんたちに
竹「言い残した事はありませんか?」と質問。

流れ的に多分
「ありませ~ん!」みたいなリアクションを皆想像していたようで、
スカフェちゃんたちがしゃべり始めたら、またまた大うけの会場組!

”話し始めたよ~!!!”

みたいな。

しかも、わりとカミカミだったので、
ゆうひさん、もう身を乗り出して、目をキラキラさせて
”がんばれ~!”みたいな雰囲気で。
ああ、上級生なんだな~と、またしてもしみじみと。
私も下級生になりたひ・・・。
(今更無理です)(年齢が間に合っても、それだけじゃ、ね)



ということで終了。

【放送終了後】
竹「カウントダウンを終えてみていかがでしたか?」

ゆひ「緊張しました~。めったに無い機会なので、嬉しかった。感動しました。」
みず「私も緊張しちゃいました!」
ゆひ「さっき来年の目標は緊張しない事って言ったばかりじゃん!」と突っ込み。
みず「いや~、やっぱりむずかしいですね~。終わったとたん、べらべらしゃべっちゃって 笑」
(十分お話されてると思ってましたが、ご本人的には不本意だったようです)
まー「私も緊張しました」
ゆひ「(まーちゃん並の高い声で)うん!」
まー「ちゃんとカウントできて良かったです。」
ゆひ「うん?カウント?」
まー「あっ、カウントダウンができて!良かった!」
ゆ「練習したんだよね、逆に(減少するように)数えるの。
  リハしたの。そうじゃないと、戻って(数が増えて)いっちゃうから 大笑)」
ま「はい~。大丈夫で良かったです。」


カウントダウン直後のインタビューと混同してるかも・・・です。


ゆうひさんはとにかく、まーちゃんのまねして高い声で相槌うったり、全開笑顔だったり。
雪組さんたちに細かく突っ込んだり、
上級生として、月組代表として盛り上げよう!という意欲が感じられて
頼れるお兄様というかお姉様というかな感じで、とっても素敵でした。
しかも無理してる風ではなく、終始リラックスしてらした感じでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。