上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.30 月組退団者
出ましたね・・・

ゆら姉に、たまこちゃん・・・。

ものすごいショックです。

ゆらさんのパワフルな舞台、入り出で、ゆうひさんはじめ、たくさんの組子への楽しいちょっかい。
色んな顔を引き出して下さって、本当に楽しかったです。
そしてわすれちゃいけない、千秋楽(特に退団者向けの)名物の何も見ない、ご挨拶暗記!
ショックです・・・。

たまこちゃんは、何とも言えない独特の色気が大好きでした。
入り出でお見掛けする時のアンニュイな雰囲気も。
残念です。

次の公演、しっかり目に焼き付けたいです。
スポンサーサイト
2006.03.30 集合日
今日は集合日です。



集合日・・・
ドキドキします。



今日一日落ち着かない気持ちで過ごすんだろうな・・・。





御贔屓さまに限らず、月組子みんなの今後がね、やっぱり気になるのですよ・・・。
26日の千秋楽が、はるか昔の事のようです。

あんまり寂しいので、テンプレを変えました。



さっき歩いていたら、近所の桜が満開直前でした。
桜はゆうひさんのお好きな花でもありますし
夜桜って、妖艶な魅力があって大好きです。
●1幕
・カフェのシーン
 みっちゃんアーネスト「食うか?」
 うひスコット    「いや、いい」(”いや、結構だ”だったかも)

 ラスパで、こういうお遊びしてくれると思ってなかったので、嬉しかった!

●2幕
・始まる前のステージ上のお掃除
 まずシーラがモップ(?クイックル?)かけで、観客爆笑。
 ゼルダやアーネスト、マックスも出てきて、写真撮影会。
 最後は舞台上の人皆で撮影会。
 スコットは~!?と思ったらやっと出てきて、舞台上の出演者を次々と抱きしめていました。
 写真はどうするのかな~?と思ったら、カメラを持った人(誰だっけ?)が遠くからパチリ。

・最後の下手袖にゼルダのハケルところ、1回目はお姫様だっこというか、
 劇中のリフトというか・・・。をしてました。
・アンコールの後、同じ流れではけるときは、額コッツン、ぐりぐり
 めちゃめちゃかわいい・・・

●千秋楽挨拶
【えりさん】
 ザ・ラストパーティのザ・ラストステージにお越しくださいまして、真にありがとうございました。
 宙バウからはじまり本日でファイナル。4回出演してくださった専科の五峰あきさん、ありがとうございました。
 下級生のうちに自分をどう変えるか、自分をどう表現したらいいか、頭心身体を使いがむしゃらにやらねばならない。このような少人数カンパニーに参加できたのは貴重な経験。
課題山積みだが、この公演で得た事を次につなげ、月組は誰を見てもどこを見ても面白いといわれるようになりたい、それが目標です。
厳しい目でこらからも見守って下さい。
男前度がぐんとあがった大空祐飛がご挨拶します。
フィッツジェラルドく~ん


【ゆうひさん】
「はい」(と答えてから)
ラストパーティー本当の最後の一日が終わってしまいました。
私の今回の目標
・全員無事に千秋楽を迎える事  まる
・一人でも多くのお客様に見ていただくこと みなさまのおかげでまる
・自分の最高の演技をする事 答えは・・・わからない(客席、大拍手)
一日一日心を込めて演じてきました。
次はもっといいものを!をというのはスコットのもっと良い作品を!というところと同じかもしれません。
スコットが小説を愛したように、私も舞台を愛しています。
今回、嘘のない舞台をと明日よりあさって、よりよいものを作ろうとがんばってきた、そんなカンパニーには、二重丸をあげちゃいたいと思います。
人生には色んなことがあります。嬉しい事も苦しい事も、人生は自分を受け止める事。
そんな事を、この作品から教えてもらったような気がします。
皆さまの心にも作品を通して何かメッセージが残れば幸いです。

最後に、この作品を再演に導いてくれた全ての方々、
今日まで見守ってくださった全ての方々に感謝を込めて、
本当にありがとうございました!

ワンモアドリーム!

●再ミニフィナーレ
●アンコール
本当にありがとうございました!(客席、スタンディング)
●アンコール2回目
本当にありがとうございました。
ありがとうございました~!
●アンコール3回目
ありがとうございます。
(”えへっ”とちょこっと照れ笑いをしてから)
こんなにたくさん拍手をいただける私達は幸せだと思います。
これからも舞台を愛していきたいと思います。
ありがとうございました!



という事で、ラストパーティー、終わってしまいました・・・。
とても素敵な挨拶でした。
湿っぽくならず、でも、感動・・・。

ゆうひさんから何度か出た、


舞台を愛しています


という言葉。

これからも、舞台の上の祐飛さんを見せていただけると思っていいんですよね?

今は虚脱感、喪失感で、ゼルダではありませんが

抜け殻

となっていますが、また舞台の上の素敵な祐飛さんに再会できる事を信じて、
また日常生活にもどりましょうか・・・。
●入り
白光沢ハンチング、黒サングラス、白T、ボルドーコート、ジーンズ、
髑髏ネックレスと公演ネックレスの重ね付け。

「おはよう」

ははっきり聞こえました。

「行ってきます」
と楽屋に入る直前のばいばいは、
横長のガードの列をずいーっと見渡し、
頷いてから手を振って入っていかれました。

おネムモードなのも、またかわいらしく



●出
サングラスは無しでした

お手紙は回収。
茶色地に金文字でラストパーティーの英文字が入ったお手紙ボックスに、
全員のお手紙を入れ、じゃんけんで勝った代表者が、ゆひさんにお手紙ボックスをお渡しするという趣向でした。

スタッフさんにどの方からもらうのかを教えてもらって、きょろきょろするゆうひさんがかわいい
受け取って、「うわぁ、すごい!ありがと~」

受け取り終わると、会員さんからお声かけ。
それに対して、ゆうひさんはまたまた
「ありがとう!」

お車に向かわれるときも、
「ありがとう!」
とおっしゃりながら、お手紙ボックスを高く掲げながら歩かれてました。

会員さんが切れたところで、手を振りながら
「ばいば~い」


お車の止まってる方向に曲がる前にも、チラリとガード方向を振り向く
ゆうひさんが、なんだかかわいかった!
みんなまだこっちを見てるかな~?
みたいな感じで。

お車の中からも、手を振って下さってましたが、
更に!

お手紙ボックスを車中でふりふりして下さってました。

そんなに大事にしてくださって・・・。
ゆうひさんってば、もう!かわいいなぁ~。


終始、ニコニコ
素化粧の美人さんで、にこにこで
あぁ~!これ無しではいられませんね~。
●入り
 ハンチング、茶サングラス、ボルドーがかった茶の革ジャン、クラデニ、
 白T、黒セーター、ゴヤール、髑髏ベルト、髑髏ネックレスも・・・だったかな?


 かなりおネムモードなゆうひさんでした。
 あまり、意識が無かったのでは・・・?
 お声も、今までのなかで一番ちっちゃな「おはよ」
 それでもお声が出ているのが、嬉しいです。
 「いってきま~す」
 は、ちゃんと聞こえてました。
 楽屋口に入っていく後姿はをお見送りしつつ・・・。
 ちょっと心配に。休演日無し、且つあれだけ濃くて重い芝居ですからね・・・。
 消耗されてるのかな~?

 
 突然ですが、クラデニのクラッシュ部分から覗く生足萌えをしてしまった・・・。思い出してもドキドキ。どんどんヤバイ人への階段を上っているような気がして・・・。あぁ、後ろめたい・・・。

●観劇
 ○昼
  ・カフェのシーン
   ゼルダにからまれるカフエの店員のトレイが落ちて、
   しばらく回っていて音が止まらなかった為、
   「デートの邪魔しちゃ悪いから」
   のきっかけが遅れました。
  ・2回目のライフ
   両目から涙が伝っていました。
   次の晩年のシーンでも、ゆうひさんちょっとだけ
   鼻をすすっておりました。
   クスンクスンと聞こえる度に、胸がきゅんきゅん締め付けられて・・・。たまりませんでした・・・。

 ○夜
  ・たまこちゃんご観劇 
  ・2回目のライフ
   こちらは、向かって右の目から涙が伝っておりました・・・。
  ・昼公演もすごく力が入っているな~、さすが前楽日
   と感じたのですが、
   夜公演は、更に更に!熱を感じました。
      
  

楽に向けて、益々出演者さんたちがのりにノッている感じが伝わってきました。 



●出
出でのゆうひさんの笑顔!
今回の公演、私が見た中では、最も晴れやかな全開笑顔でした。
お顔全体での笑顔といいますか。

「ありがと~」
も力強く。

今日の公演、今迄以上に充実されたのかな、と思わせる笑顔でした。

「ばいば~い」

もちゃんと聞こえ、朝の様子は幻?と思うような、お元気さ。

お車の中からのお手振りも、これはいつもの通り、車道に出るまで
助手席の中から振り返りながら振り続けて下さいました。
【観劇】
下級生が数名見えてましたが、どなたかは判別できず。

ゆうひさんも、えりさんも、ちょっとかみぎみ。
そして珍しく、まゆみ姉さんも!
やはり終盤、お疲れなのかな~。

●今日の泣きポイント
・今日もまたまた、マックスからスコットへの援助お断りの電話のシーンで・・・。
・2幕目のスコット&ゼルダの「You are me I am you」
・スコッティとのお誕生日公園デート
・公園の青年とのやりとり~Life

詳細は、思い出し泣きするので、後で。(ほんとに書くのかな~?)



【出】
●ゆうひさんのお洋服
ベージュのキャップ、ベージュのエンリーネックシャツ、髑髏のネックレス、
オリーブグリーンの畝がランダムに入ったコーデュロイジャケット、
ジーンズ(多分おしりポッケに☆のやつ)、キラキラベルト(横長の楕円にラインストーンといった感じ。あれは髑髏だったのかな?)、
茶サングラス、ゴヤール。


●ゆうひさんのご様子
ちょっと小さめのお声で
「ありがとー」

お口元はにこやかに横に伸びてました。

お車の中から、車道に出る直前までお顔を後ろに向けて、
手を振ってくださってました。


今日は随分早めのおでましでした。
2006.03.23 3/22 出
お姿は、朝と変わらず。

雨でした。
お手紙は回収。

ゆうひさんが出てらして、傘を閉じる会員さん。

会員さんの方をじっくり見て、たまに頷かれながら手を振って歩いていくゆうひさん。

途中、雨の中濡れてるのをご覧になって


「かぜひくよ」


とお声をかけてくださいました




ゆうひさん!!!
何て優しいの~!
そして、何てかわいいの!
●入り
ベージュキャップ、グレーフード付きニットロングコート(シルバー金具)、
白T、ジーンズ、髑髏ネックレス、濃茶サングラス。

いつものように、穏やかな笑みをたたえて
「おはよー」とおっしゃりながら受け取られ、
にこやかに楽屋に入って行かれました。


●観劇
・11時
タキさん、柚美さん、笠井アナがご観劇でした。(タキさん、笠井さんは、友人に教えてもらいました)
・18時
とうこさん、他数名の下級生がご観劇でした。
【追加】友人からの情報により、下級生というのは、月組からは夏鳳しおりちゃんと響れおなさん、星組からは羽桜しずくちゃんがいらしてたとの事です。


どちらの回か記憶が定かでなくなってますが・・・。
【追加】こちらも友人から。11時の回でした。
スコットとゼルダのデュエットダンス(?)のとき、スカートの裾がヒールにひっかかったのを、
華麗に何事も無かったように直すかなみんが、かっこよかった!



18時公演の1回目のLIFE。
スコットが一人でボールを投げるマネとかをしてますが、
落としてしまいました。
しかも
「おっ」とかアドリブっぽい台詞付きで。
かわいかった~。



本日、各人物の感情が急に深まりを見せたように感じました。



どの辺に、かは・・・。
公演終了後にでも。
●11時公演
まちおさん、ちあきちゃん、ほか数名観劇されてました。

2回目のライフで、鼻筋の辺りにキラキラ光るものが・・・。
(本当に涙だったかどうかは、確信が持てませんが)


●15時公演
さえちゃんご観劇だったそうです。(すみません、人づてで聞きました)
2回目は、どうしてもお疲れになっちゃうんでしょうか?
やはりちょっとカミ気味だったかも。


●出
出では、公演ネックレスを着けて下さってました。
そして、サングラス無し久しぶりです~
コートは、薄暗い中で見るとカーキっぽく見えてました。
面白い素材です。
入り報告で書き忘れてましたが、バッグはゴヤール。


今日もものすごくたくさんの会員さんが集まっていました。
一人一人から、にっこりにっこり
「ありがと~」と受け取ってくださり、
「ばいば~い」とおっしゃってお車の方へ。
乗り込む直前に、お顔の前で帽子をちょこっと押さえる仕草がまた出ました!
かっこい~
お車に乗り込む直前にも、お手振りしてくれたのですが・・・。
ワゴンが前を通り、手を上げ振った・・・・あれ?見えない・・・。
と言う状態に。
悲しい・・・。
入り出はいつでも障害物との戦いです。


でも、動き出してからは、お車の中から手を振ってくださってるのが見えました。
今日は駐車場を出るまでずっと振り続けてくださって
いつもより長い、車中お手振りでした。

やはり今日は と・く・べ・つなのかな~?
2006.03.21 3/21入り
白帽子向かって右にスタッズで旭日のような飾り、茶サングラス、白T、黒か紺のVネックトレーナー、髑髏バックルベルト、ジーンズ。
ジャケットが印象的でした。
黒ベースに全体に細かい金ラメの膝丈位のロングジャケット(かコート)。
カッコイイ!
帽子がパナマのような、いわゆる春夏素材で爽やかでした。

「ありがと~」
の受け取りが、朝にしてはにこやか度が高かった気がします。

「行ってきます」
手前から遠い所へ隅から隅まで目を配って、手を振って下さってました。

階段辺りで、右手で帽子を押さえる仕草をなさったのですが・・・ジャジーオープニング赤スーツのアノポーズのようで!!!
朝からハートを打ち抜かれました~。

楽屋口
小首をかしげてお手振り。
かわいかった~。

エレベーターに向かわれるお姿も、ちらっと見えました。
つぶやきです。

【大空祐飛さん】カテゴリーが100件を超えました。
他のカテゴリーとの差が大きすぎなのが何ですが・・・。
ひとまず、区切りだな~と。

で、何の記事だったかといいますと、


【3/19初日入り】


偶然ではありますが、記念すべき日時のできごとが当たって、なんだかめでたい気分だな~。


ということで、つぶやきでした。
出のご報告から。

【お洋服】
D&Gのニット帽、薄茶サングラス、赤茶の革ジャン、
ベージュのヘンリーネックシャツ、カモフラカーゴ、ゴヤールバッグ。



【祐飛さんのご様子】

「ありがとう~」
というお声が、なんとなくいつもより優しく聞こえました。

サングラスはしてましたが、その奥の目が、
照明の角度のおかげか透けて見えてました。
こちらも優しい表情。

私、結構消耗していたのですが・・・。

癒されました~



「ばいば~い」

の後お車に乗り込まれ、

シートベルトを締め、


お車の中から、助手席と運転席の間から手を振ってくださっていました!

ゆうひさん

(もう、言葉になりません)



【観劇】
きょうは、何度かかんでました・・・。
魔の2日目、とかいいますけど、ほんとに・・・。
ゆうひさんだけでなく、えりさんも!
えりさんが噛むのって、なんとなく珍しい気がします。

と思ったら、出の時に

えりさん「ごめんね~!今日カミカミ星人だった~」

とファンの方にあやまられてました。


客席には、4~5人月組下級生がいらしてました。
名前は・・・。調べないとわからないです。
他にもOGさん(かな?)がいらっしゃってたような気がします。
あまり頭がまとまっていないので、箇条書きで印象に残った点を。



・会場の大きさがバウとそれ程変わりがないので、違和感無く作品世界に入り込めた。

・オープニングの音楽が切れ、スコットがビクッとして起きる所。
動きが大きくて、こちらがびっくりしてしまった。

・「ウェルカム!」
とハイテンションで登場し、次に地を這うドスを効かせた低音の歌の部分。(我ながらスゴイ説明だな・・・)
スコット → 迫力と色気、いい男っぷり、乱痴気騒ぎに身を投じ抜け出せない弱さが感じられ、うっとりしつつ切ない。
ゼルダ  → 登場から鳥肌が何度も。かなみちゃんのドスの効いた歌いっぷりが好きなので。

・めおちゃん海軍士官
初演→清清しく初々しい好青年
今回→結構駆け引きも知ってそうな、色気もなかなかある感じ

・みっちゃん
ゆうひさんより体格が良いので、「テーマ・登場人物・ストーリィー」と迫るときの迫力がすごい。
そして、かっこ良かった!
めおちゃんも身長があるので、この二人に挟まれると、
ゆうひスコットの悲壮感がより際立つ感じ。

・「スコットの羽根をもいでしまった」
これはかなみちゃん云々ではなく、演出の変更なんですけど・・・。
(宙るいるいゼルダも同じ変化だったから)
初演は、テンションの高い、 正気では無い事を意識した台詞回し で、
天真爛漫に言っていたのが、有無を言わさずどっと涙を誘ったものでした。
今回は、この台詞、 一瞬正気に戻ったという演出? なのか、
低いトーンの台詞回し。
好みの問題ではありますが、私は初演の演出が好き。

とりあえず、本日はこの辺で。
●えりさん
本日はザラストパーティー初日に起こしいただきありがとうございました。
この再演は皆様のもう一度見たい!という熱いリクエストのおかげで実現しました。1年半後という時を経てこの作品と出会えた事は私達にとっても大きな喜びです。
引き続き専科の五峰あきさんのお力添えをいただいております。
大空筆頭に、皆がどれだけ成長したか、皆さんの温かい目でチェックしてみてください。
みなさんから頂いた再演という大きなプレゼントに対し、出演者からは
本当に見れて良かったね!と思っていただけるような舞台を見ていただくことでお返しできるようがんばりたいと思います。千秋楽まで一丸となって勤めてまいりますので、宜しくお願いします。


●大空さん1回目
本日はザラストパーティー初日にお越しいただきありがとうございます。
こうやって再びスコットとして皆さまに出会えること、スコットを囲んだ仲間達にもう一度出会えること、本当に幸せに感じております。
この再演は皆さまのもう一度という熱い声をいただき、偶然ではなくこうしてもう一度出会えること、この出会いを大切に、
そしてまた更に一人でも多くの方々にスコットの心をお伝えできるように私も新たなチャレンジをして参りたいと思います。
初演の時にはスコットは、私にたくさんの言葉を語りかけてくれましたが、
今回お稽古中に自分の方から色々語り掛けました。
スコットと語り合って作った、共感して作った心を、皆様に千秋楽まで精一杯お伝えしていきたいと思います。

私達は、毎日ここ東京芸術劇場で皆さまをお待ちしております。
本日はありがとうございました。

●大空さん2回目
千秋楽迄一丸となってがんばっていきたいと思います。
本日はありがとうございました。
観劇報告は、後ほど。
先に出の様子を書いときます。

本日強風の為、なんと劇場の方のお心遣いで搬入用車両が入る所に
ガード全会を入れてくださいました!
(優しい

その為真ん中に空間があって、それをはさんで他会と向かい合わせ。
とても不思議な光景・・・。
貴重な体験をしたような気がします。



公演を終えて出て来られたゆうひさんは、奥のほうから出口に向かって順番に全員からお受け取り。

4列になっていたので、4列目の方から受け取る時は左足が浮いて、
長い足が片足爪先立ちみたいになっていて、
長い腕も最大限に伸ばして指先で取るような状態で。
そんなになりながらも、がんばって取って下さってました


低音の「ありがと~」も、結構離れた所でも聞こえる位だったので、結構大きなお声?
一応屋内だから反響してたのかも?


受け取り後のバイバイでは、にこやかに奥から手前へずい~っと見渡し、
最後に締めに大きくにこっ


お車に乗り込んだ後、すかさず窓を開けてくださって、
「ばいば~い」とおっしゃりながら(多分言ってらしたと思う・・・)
手を振ってくださってました。
車道の方へ向かうと、車体とシートの隙間からも振り返って見て、
にこやかに手を振ってくださっていて

あぁ・・・かわいい。
あぁ・・・かっこいい。
あぁ・・・素敵



祐飛さん、朝も特に気負いは感じられませんでしたが、
出でも特別な興奮とかは感じられず、
どちらかというと、充実感でまったり~、といった感じに見受けられました。


【今日のみっちゃん】
ファンの方からお手紙を受け取られる時のみっちゃんといったら!!!
す~っごく全開の笑顔!
かわいい~のなんのって!
さっきまで、アーネストとしてゆうひスコットを追い詰めていた人と同じとは、到底思えません。
そして、受け取り終わり帰っていく途中、途中にいる祐飛会会員に、
にっこりにっこり微笑み&会釈をしながら帰っていかれました。
祐飛会からは喜びの歓声があがっておりました。
そして、今日も横断歩道をわたる時、大急ぎでちょちょっと走っていて、そのお姿がまたかわいらしかった・・・。
みっちゃんって、今更かもしれませんが、
癒しの笑顔ですね~。

【かなみちゃん】
ゆうひさんが受け取りされている途中、かなみちゃんが登場。
かなみちゃんが先にお帰りになる時、背後からちらっと振り返って、そっと
「お疲れ様でした」
と、(多分祐飛さんに)おっしゃってました。
かわいかった
いやいや!それどころか、私にとってはかなみちゃんの初ナマ声でした!
う、嬉しい~。



それにしても、今日の体制。
色んな生徒さんを間近で見ることができ、
ナマ声もきけちゃったりして、大変嬉しい体制でした。
寒さも防げたし。
劇場関係者様、ありがとうございます!
黒キャスケット(またはキャップ)、薄茶サングラス、クラデニ(面倒なので、クラッシュデニムを略!)、白T、黒セーター、黒地に赤パイピングハイネック気味金ボタンのミリタリー(軍服風?)ジャケット、会ネックレス、髑髏ベルト。

このミリタリージャケットが、また良く似合っていて、すんごくカッコイイ!!!

お車から降りたって、こちらに向かわれた時、
「きゃー」
と黄色い歓声が!

ものすごい人数の会員さんが駆け付けてましたが、一人一人から受け取られてました。

「おはよー」
もはっきりした口調。

表情は、今朝もやっぱり微妙におネムが入っていたような。
(かわい・・・)

「行って来ます」のばいばいは割と長めにしてくださってたような。

楽屋口に入る直前のばいばいは、ちょっとあっさりめ。

今日の位置は、中に入ってからもエレベーターに向かわれるお姿が見えて、お得感有り。

【今日のほわ毛】
今日も帽子ありだったのであまり見えなかったのですが、強風にあおられ首の辺りの毛がピチッとねてしまっているのが、
たまりませんでした。(何フェチ!?)

いよいよ、初日の幕が開くんですね~。

楽しみにワクワクドキドキし過ぎて、
既に訳がわからなくなってますが、
頑張って見て来ます!
朝見逃した上半身お洋服をチェック。

白Tに黒セーター(トレーナー?)、それに今公演の会ネックレス、
赤みがかった茶の皮ジャン、キラキラ髑髏バックルのベルト、
ゴヤールバッグでした。



今日印象に残ったのは・・・



お手紙を受け取り終わった後の
「ばいば~い」
のときの

にこっ

お口の横の開き具合とか笑顔度が高くて、幸せ~。

今日は後ろから車が被ることも無く、見えなくなるまでお見送りができました。



そして、もう一つ。

越乃リュウ様が楽屋口から!!!
激励にいらしたんでしょうか?
なんだか嬉しかったです。
リュウさま、あいかわらずかっこ良くて・・・。

そうそう、えりさんがお誕生日だったらしく、イベントをされてました。
「HAPPY BIRTHDAYえりさん」
と書かれた傘が贈られ、それをさして帰られました。
会員さんたちから見えなくなる直前に、一度大きく振ってから閉じてました。

横断歩道をちょこちょこっと渡るみっちゃんに、ちょいツボりました。
ジャジーの時も、あまりの寒さに楽屋方面へちょこちょこ走るお姿をみましたが、
(しかも、会員さんに振り返ってバイバイしてあげるのを忘れてて、大慌てでお手振りしていて)
みっちゃんって、かわいいなぁ~。
えんじ地に黒で髑髏柄のニット帽、薄茶サングラス、ジーンズ、・・・。上半身は黒っぽかったような・・・(?)
あとは記憶にありません(;_;)



低音の
「おはよー」
が非常に心地よい響きでした。

表情があまり無い感じ?
おネムっぽかったです。目がぽわ~んとしてて。
無防備な表情がかわいかった



受け取り終わってからの
「行ってきます」
では、ほんのり笑みが出てました。



楽屋口に入る直前のばいばいでは、顎を引いてお手振り。
(楽屋口が少し高い位置っていうせいもあると思いますが。)
顎を引いたポーズ(?)って、かっこよさ数割増!
素敵でした。



【今日のほわ毛(@スズキさん)】
ニット帽のため、昨日より更に更に見える分量が減少・・・。
でも、日の光の中でキラキラ輝いて、金髪っぷりが良くわかりました。
大空さ~ん!
首を長く長~くして、お待ちしてましたよ~~~~~!

やっと東京でお会いできました
本日から、大空祐飛さん主演【ラストパーティー】の舞台稽古開始です。


【本日のゆうひさんの装い】
薄いベージュにカーキが少し混じったような色のキャップ、サングラス、
グレーのニットロングカーディガン(金の金具)、
白T(胸元にHAWAIIAN AIRのロゴ)、
クラッシュデニム、黒靴、ゴヤールバッグ(確か)、
いつも着けてる水晶(?)のブレス(2つになっていました)
でした。

今日は昼間は割りと暖かかったのですが、
夜は寒く、しかも楽屋口付近はかなりのビル風!
ゆうひさん、寒かったのでは・・・。


「ありがと~」
と、とてもはっきりした力強いお声で、お手紙を受け取られてました。

受け取り終わって、
「ばいば~い」
もはっきりくっきりしたお声。

お車の方へ歩いて行かれる後姿は・・・

お荷物が重かったのか、身体が右に傾いでいて
右腕をブンブン大きく振って、勢い良く歩いていかれました。

その風情が、なんだか子供のようできゃわゆい感じ・・・

お車に乗り込まれる前にも、もう一度振り返ってばいばい。
(でも、ちょっと遠かった・・・)

お車が出るときも、お手振りがあるかな~?
と思ったら、後ろから来た車がゆうひさんのお車をまるまる隠してしまう状態で!

残念ながらお車のお見送りはならず。


久しぶりにお会いしたゆうひさんは、自信に満ち溢れているような印象を受けました。


迷いが無い感じ


と言った方がいいかもしれません。
ますます公演初日への期待が高まりました

そして、帽子に隠されたほわ毛(@スズキさん)は、
横向きや後ろ姿の時、帽子の下のほうからちょこっとお目見え

ムラでお会いした時は、オレンジがかった茶色に見えましたが、
今日はオレンジっぽさはほとんど感じられませんでした。
ほんとに金髪!という感じ。
これがまた、やわらか~い何とも言えない良い色合いでした。

でも、先端だけですからね。全貌は帽子無しでないと・・・。
日の光の下で見たら、また違って見えるかもしれません。

帽子無しの日に遭遇できるといいな~
ラストパーティーに向けて、
気分を盛り上げよう!

ということで、テンプレを変えました。



シックなトーンの舞台の中で、

ひときわ鮮やかな色を放っていた赤い薔薇です。
ほんとにほんとに、ラスパ初日が迫ってまいりまして、
大空さんに再会する日が近づいてきた訳ですが、
まだまだ書き足りないことがあるんです・・・。
早くしなきゃ~!



ということで、とうドレ。

とうドレ楽から1ヶ月以上経つというのに・・・。



正直、とうドレを観て私は、


「オスカルになってとうドレの膝にもたれかかって、髪を撫でられたい!」


と思ってしまいました(告白)
大空さんファンにあるまじき感想。

普通は


「とうドレになって、ゆひカルを××(←お好きな言葉をどうぞ)したい」


と思うものじゃないですか。
なのに~!

だって、とうドレって・・・。

●ゆひカルが縋り付いた時、信じられないって顔をして
●手なんて、すぐにガシッとゆひカルを掴めなくって、宙をさまよってるし
●膝に頭をすり寄せるゆひカルを前に、
 「これは夢か!そうに違いない」みたいな表情で、まだ触れるのをためらっていて
●で、恐る恐るといった風情でゆひカルのブロンドの髪に触れるんですが・・・
●徐々に喜びの表情が混じっていって
●髪を撫でるときの、そっと優しい触れ方が、もう!たまらんのです。
●「夢なら醒めないでくれ・・・」みたいな。
●でも、幸せそうな。
●そして、歓喜の表情


ゆひカルロックオンでは片手落ちな観劇になるのでは?

とあるとき思い、思い切ってとうドレにも注目してみたのですが、
まんまと、とうドレの魅力にしてやられましたです。
乙女心としてはですね・・・。
こんな愛しげに扱ってもらうって、幸せよね~って。



あぁ~、ゆひカルになりかわり、とうドレになでられたい




え~、ここからはつぶやきメモです。

・王様が箱を落として暗転の所。暗くなったら、自分で箱を拾うのが何だかツボり、ついつい注目してしまう。
王様だから、衣装キラキラでね~。つい、見ちゃうんです。
「王様、自分で拾ってる~」って。
・ゆかりちゃんはやっぱり、後ろで髪をひとつ結びにリボンの宮廷服が激お似合い。
衛兵隊も、あらくれアランもかっこいいけどね。見掛けを裏切る低くて太い声だし。
でも大劇での農民は、ちょっと「ありえない」と思ってしまいました。あんな美しい農民、普通に生きていけないよ!高貴なお方が狩猟に出た時とかにお目に留まっちゃうよ!みらん君と一緒にお城に連れてかれちゃうう!(と、また妄想が始まってしまうわけですね)
・あかし君の客席アピールがすごかった。前方席の時ひっかかってしまった。予備知識がなかったから・・・。知ってたら勝負したのに。(悔しい)
・薔薇タン、はじめは苦手と思ったはずが、いつしか快感に。もっと!とか思ってる自分にびっくり。

もう思い残す事は無いかな・・・。
さあ、これでラスパ&大空さん集中体制に入れそうです。
ラストパーティー初日が目前に迫ってきたので、慌てて書きます。

星組さんと雪組さんベルばらを見ての感想。
書きたい書きたいと思いつつ、いつも忘れていた事。



今宵一夜幕の閉まる速度の差



について。


雪組さんを観た時、
「あれっ!」
と思ったのです。


速さが違う・・・。


星組さんの時は、唇が触れるか触れないか位でもう黒い幕が邪魔しに来てたので、
まばたきなんかする暇は勿論無く。

それどころか、その一瞬で何かを読み取ろう(何をだ!?)と必死になっていたわけですよ。

で、当然そういうテンションを保持したまま、雪組さんを観に行くわけです。

そしたら!

余裕余裕で堪能できちゃったものだから・・・。



え”~!ずるいよ~!



と、そりゃあ思いますよね。
ゆうひさんのアノシーンもこの位の余裕が欲しかったよ。

で、何故だ?と考えてみた所、
これは、視点の違いによるものじゃないかと結論付けてみたわけです。


星組 → ジェローデルの回想=ジェロ君の視点(=見た光景)
雪組 → 神の視点(特定の誰かの視点ではない、という意味です)


ということで、星組さんの今宵一夜クライマックスの短さは、
ジェロの気遣い?


あとは若い二人でどぞ~(それじゃ、仲人では・・・)

とか

好きな女の××シーン、これ以上見るのは耐えられん!

とか。


もうね、窓の隙間とか、物陰からそっと離れるジェローデル君が目に浮かぶようで・・・(涙)(そっとしといてあげて!)




これを書いておかないと、ラストパーティーに集中できない!
という事で、幕が閉まる速度だけで大妄想してみました。
麻尋しゅん君の小雨が見たいな~


と思っていたら、ほんとに見れる事に!


総ターバンでした。
両耳にシルバーの縦に長いきらきらイアリング。
靴は青のTストラップ。ストラップにちょこっとキラキラ付き。
(ちなみに、すずみんは斜めキラキラ付きストラップ)


ダンスは、思いのほか柔らかい、ふんわりとした乙女~
な感じでした。

なんだか初々しくって、ひたすらかわいい~
まだお若い故かな?
曲や振りの悪女っぽい雰囲気とは違いますが、


小悪魔ちっく


に仕上がっていて、しゅんちゃんならではの小雨にしていた様に思います。



せり下がりでは、下を向いたままでした。
ゆうひさんのように、そのうち徐々にわたるさんの方を向くようになるのでしょうか。
残念ながら、しゅんちゃん小雨はもう観に行けそうにないので、
確認しようがありませんが。



そして今日は、ちえドレの日でもありました。

ちえちゃんは、さすがにずっとわたるさんの背中を見て育ってきただけあって、
アンドレのオスカルを受け止める包容力大きさが、
わたるさんを思い起こさせました。
やはり身近な方の影響ってうけるものなんですね~。
先日の月組YoungBloods!!でも、龍まさき君があさちゃんに激似!あさちゃんの背中を見て育ってるんだね~!で、ちあきちゃんはゆうひさんに似てたよね~!と、ムラで偶然会った友人と盛り上がったものです。



そしてそして。
ついこないだ魅力に開眼したばかりのみらん君

パリで市民との衝突が始まりブイエ将軍がやって来たシーン。

みらん君のブイエ将軍を見る目つきといったら!!!
さげすんだような、ばかにしたような、

「誰がお前なんかのいう事を、き・く・か・よ!」

と言わんばかりの、そんな、反骨精神丸出しの表情
あぁ~
衛兵隊くんはこうでなくっちゃ

下手袖に走り去る時にオスカルとすれ違う時は、
ちゃんとオスカルの方を見つめて、「隊長!」って言っていてね~
隊長を想ってるな~っていうのがひしひしと伝わってくるのです。

バスティーユでは、とうカルが倒れる所で崩れ落ちるのですが、
その慟哭の表情が・・・(涙)

はぁ~、良い芝居しますな~。

見た目に麗しいだけじゃないのですね~。
村人のときは、村人の歩き方、しゃべり方になってるし。
衛兵隊では、やさぐれた荒くれ物らしさがちゃんと伝わってくるし。


もっともっと彼の芝居をがっつり堪能したいな・・・。


タキさんのアドリブは、

「おと~こなの?女なの?」
「ぉ・と~こ?」
「ぉ・瞳子?」

でした。


タキさんといえば、モンゼット婦人。
今日気がついたのが、モンゼット婦人派の女子。薄いピンクのドレスの子。

シッシーナ婦人に
「悶絶婦人」
と呼ばれた時、他の子達は
「まぁ~!なんて事言うんでしょ」
みたいな表情をしてるのに、この子だけは一瞬、
「ほんとだ~!」
みたいな表情をしてクスッと笑って、
そのあと慌てて他の人たちとの
「ひどいわよね~!そんな言い方って!」
みたいなやりとりに入ってました。

芝居細かっ!


薔薇タンのアドリブは(どなたが言ったかは分かりませんでした)

「しゅうまつっっ!」

水曜は休演日。
なので、火曜はジェンヌさんにとって週末なんですよね、そういえば。


・・・そんなに心待ちにしてたのか~。
かわいい(笑)
●劇場キャトル
うひカル舞台写真、再入荷され5種類とも揃ってました。
ポケットカレンダーは未確認。

●シャンテキャトル
舞台写真は、

・オープニング水色軍服
・今宵一夜白ブラウス
・バスティーユ白軍服

の3種類が残ってました。

まわりの様子から、他のもあったけど、その時点では売り切れってな感じです。
ポケットカレンダーは、残り3枚。
(明日また追加されるかどうかは不明)
2006.03.05 歌劇3月号
歌劇3月号の楽屋日記、麻尋しゅん君の日記。



少し照れた様子の大空さん



との記述が。



ゆうひさんオスカル初日の朝、駆けつけてくれた月組生に

「素敵綺麗

と言われてのゆうひさんの反応だそうで・・・。



・・・(その時の光景をしばし思い描いてみる)



はぁぁぁ~。
むちゃくちゃかわいいなぁ~!



そういえば1/27。
観劇報告でも簡単に書きましたが、
上手、センター、下手ブロックと、客席には満遍なく月組生が多数観劇されてました。

愛されておりますね






麻尋くんの楽屋日記には、まだまだ萌えポインツが。



コムカルの少し乱れたブロンドの髪をとうドレが


優しく慣れた手つきで


直していたそうで・・・。



・・・(その時の光景をしばし   以下同文)



あぅ~!


そもそも、慣れた手つきって・・・?

あっ、そうか。
今宵一夜で、アンドレの膝にもたれ掛かるオスカルの髪をなでてるもんね。

でも、本当にそれだけ?

てか、うひカルにも、そういう事してくれてたりしたのかなぁ~
むふふ。

麻尋君、楽しい萌えネタをありがとう!
(そんなつもりじゃなかっただろうけどさ)
出かけたついでに、ゲットしてきました。

お写真はHPの画像で予習済みでしたが、
やっぱりちっちゃくて、良く見えないので。
やっとちゃんと見れた~。

砂漠のシーン。
前で両腕をクロスさせて、指をうにうに(表現不能)させてる所。
販売写真とか雑誌掲載写真とかと
違うパターン(確か)が嬉しいです!

お顔が今よりちょっとふっくら気味?
かっこよくもかわいい♪

ついでに歌劇も購入。

オスカル役替わり。
かしちゃん、きりちゃん、みずちゃん、ゆうひさんと、全員同じシーン、ポーズを(角度違いはありますが)載せているのが面白いです。

より鮮明にそれぞれの個性が際立っていて。

それにしても、うひたんの金髪ヅラは、
ほんとに見た人だけのお楽しみとなってしまうのでしょうか・・・。

何かの形で残しておいて欲しいものです。

そういえば、かしちゃん役替わりDVDが出てました。
ゆうひさんの発売まではまだ先ですね~(遠い目)
またまた、星組さんを観に行ってきました。

今日の注目ポイントは・・・




流れ星




今宵一夜、アンドレを呼び出すきっかけの、アノ流れ星です。
で、注目した結果。
確認がとれました。

星組さんと雪組さんでは流れる方向が反対


先日雪組観劇をして、「あれ?」と思ったんですけど、
気のせいかな~と。
次に星組さんを観たときにでも確認しよう!と思っていたわけです。

星組・・・右上から左下
雪組・・・左上から右下

何か意味があるんでしょうか・・・?




ついでに、【今宵一夜のお部屋】のセットも同じものに見えたのですが。
今までもバージョン違いを同時上演するときって、東西共通にしてるんでしょうかね。

台詞とかも基本は一緒、でもちょっとずつ多かったり少なかったり。
だから気分は



パラレルワールド


なんだか、不思議な気分になります。



●さてさて、今日のすずみん小雨。

総ターバンでした。

せり下がりでは、この前見た時よりも、

わたるさんの方を見る角度も
愛しげな表情も

パワーアップ!


●そして本日は、みらんくんに目を奪われっぱなしでした。
みらんくん・・・。
いいですね。
かわいいしかっこいいし。
丸顔だし。
きらきらしてて。
お若いはずなのに、素敵な落ち着きっぷり

すてきだな~とは思っていましたが、こんなにも目が釘付けになったのは初めてです。



●備考

2006年度版ポケットカレンダーが3/6頃発売。
という事でキャトルに一応見にいってみましたが、
まだ発売されてませんでした。
(そりゃ、今出てたら早すぎ!)
2/25,26に雪組版「ベルばら」を見て参りました。
アンドレは水夏希さん。


【プロローグ】
これが、しなちゃん曰く「新鮮」という(夢屋さんより)
オープニングにして階段降り!というあれですか。
次々と生徒さんが降りてくるのを見ていると、分かっていてもすっかり心は終了モードですが・・・。
芝居が始まってから、また観劇モードに戻すのが大変でしたよ!
水ちゃんの全ツは、フィナーレもこの階段を使うんですよね・・・?

【ペガサス】
紗幕オスカル肖像がの向こうから、なにやら影が・・・。
出た!
ペガサスに乗ったコムちゃんオスカル!

全てを吹っ切り、超然とした突き抜けた笑顔をふりまくコムカルさま。
魂はどこかへ飛んでいっているかのよう。
幽体離脱中ですか?
そのくらいでないとね。このシーンはね・・・。

せめて、ガラスの馬車の馬位の大きさがあれば、まだサマになっていたものを・・・。
なんでそんなちっちゃなペガサスなのか。
そんなだから、貸切公演の司会者に、

「公演が終わったら、遊具として置いて欲しいですね~」
「そしたら皆さん乗れますよ~」


なんて言われちゃうんですよ、植●さん!

とか言いつつ、私がコムちゃんファンなら、
今すぐ2階1列目のチケをゲットしに走りますね。
空中でコム様とご対面。なかなか貴重な体験ですよ、きっと。


更に。
2度目に観たら、なんだか楽しい気分になっていて・・・。

「来た来た!ペガサス~

てな気持ちにもなっちゃって。
何てお手軽な私。
思うツボにはまっております。


【オスカル、アンドレ 子→大人 入れ替わり】
貸切公演では、なぜか笑いが起こっておりました。
そういえば、星ばらのアントワネットが「あれから16年もたつのね」でも笑いが起きていたから・・・。
一般客にとって、この唐突な時間経過は笑っちゃうって事なのかな?

【かしちゃんジェローデル】
「受けとって下さい。これがただ一つの愛の証です」
あぁぁ~!
かしちゃん!
す~て~き~!!!

胸に手を当てて、オスカルに差し出すという一連の所作!

これぞ貴族。気品溢れる麗しのジェロ様でした

これでレースひらひら衣装があったら、完璧なのに!
パンフにもひらひら衣装で出てるのに!
嘘つき~!


【水ドレ】
「あ~い~、それは~」
ラスト、水ちゃんのアカペラで始まる所。

あま~い水ちゃんの歌声で、わたしはとろけそうでした。
何を隠そう、水ちゃんの声のファン。
好きなんですよ。

しかしこのシーン。いつものように、星座が瞬く紗幕から始まるのですが。

1幕目のラスト、紗幕の向こうからペガサスに乗ったコムカルが出てきた記憶が生々しく。


今度は水ドレがペガに乗ってたらどうしよう!?


と思ってしまいましたよ。
どうしてくれるの、植●さん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。