上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの方も、無事復旧しましたので、ムラ茶報告をぼちぼちしたいと思います。

お茶会の構成(順番)は・・・
時間と心に余裕があったら、あとで時系列に沿って書き直しますが・・・。
多分やらない(笑)

以下、記憶を頼りに書いてますので、細かい所は違うかも。

... 続きを読む
スポンサーサイト
続きに公式より記事を引っ張ってきてます。

宜しかったらどうぞ。

... 続きを読む
出演者が発表されました。
祐飛さんご出演にホッ。
美桜ちゃんがの歌が聴けるのも楽しみです。
でも、みらんくん・・・。なぜ・・・?

所で、月組の出演者の並び順・・・。

確かゴールデンステップスのときも、最初この状態で(祐飛さんが筆頭)、
途中からあさちゃんが先頭になったんですよね。

成績順なんでしょうけど、途中から入れ替えもなんとなく切ないんで、
最初からトップさん先頭ってことで良いのでは?

以下は公式からの記事です。
... 続きを読む
2006.05.29 舞台写真
ムラに行ってきました。
観劇&お茶会参加だったのですが、
そちらの報告は、今週末にはできるかな・・・。
現在パソコンの調子が悪く・・・
(インターネット接続が、急にできなくなってしまったのですよ。)

という事で、簡単に書ける舞台写真報告から。

... 続きを読む
ひさびさだったものですから、
あまり良く覚えていません・・・。
というか、チェックしながらあれこれするという能力が退化してるような・・・。

入り出報告するには、いろいろコツというかなんというかがあるんですね~。



ということで、うろ覚え報告で宜しければ、どうぞ~。
... 続きを読む
お茶会報告がバラバラなので、こちらのエントリーにリンク先をまとめてみました。


お茶会前半の報告ははじめの方で。

大空夕日堂のお話は夕日堂の話で。
 
お茶会最後の方の報告は最後の方で。
2006.05.25 週刊女性
【第70回愛そして夢―華麗なる世界タカラヅカ】に
大空祐飛さんが載っていました。

写真はカシウス様の大きなのとエメラルドの男とウリベート(笑)。


カシウス様は、ほんと綺麗です。
少年っぽさが感じられる、なかなか良いショットなのではないでしょうか。
ただ、ピントがいささか甘いような・・・。それだけが惜しい。


エメラルドの男。
少し前に出してわずかに曲げた足、というポーズ。
パンツの記事を通して、おみ足の質感とかが伝わってきて、
これまたタマランショットです。


そしてそして、個人的にウケたのがウリベート!

2年程前、健康の為に飲んでたんです、私。
スーパーに並んでいるなかで、突出してカルシウム分が高かったので。
でもこのお水、「超硬水」だそうで。
祐飛さんは平気なんでしたよね。
私はダメでした・・・。
その上、炭酸飲料も苦手なので、振って炭酸抜きながら飲むのが面倒になって、飲むのをやめました。

という曰く付きのウリベート。

なつかしゅうございました・・・。
2006.05.24 anan
ananに連載されている林真理子さんのエッセイ、率直なところが好きで、
まめに読んでます。

「デキル女、できない女」特集号でのまりこさんのエッセイのお題が
雪ベルばら観劇でした。

君島十和子さんと仲良しのまりこさん。
十和子さんに誘われていってらしたようで・・・。

十和子さんの、かいがいしいヅカ初心者へのお世話っぷりとか、
「朝海さんのオスカルは最高のオスカルと言われてます」という説明とか、
(↑私も知人に説明する時同じ事言った・・・十和子さんもか 笑)
雑誌のジェンヌとの対談のお仕事で、十和子さんが、ご自身の御贔屓さんと対談できて嬉しかった話とか、
中々普段目にする事が無いような興味深い話がもりだくさんだったんですが、
何より「ほほう・・・」
と思わされたのが、見終わってのお二人の感想。

十和子さんは、うっとり余韻に浸り、
まりこさんは現実の自分の相手は、その辺のきれいではない男よねと再認識。

この違い、女子高育ちか否かによるものっぽいとまりこさんは結論。

十和子さんは女子高育ちで女同士でつるんでる(こんな言葉は使ってませんが・・・)方が気が楽とかで、
旦那以外の男には興味がないとか。
で、ヅカにどっぷりと・・・。
(私は結婚してませんが、すごい共感!)



女子高育ちっていうのは、やっぱり人格形成(そんな大層なものか!?)に多大な影響を与えるものなんでしょうかね・・・。

じゃあジェンヌさんたちも、相当いろいろアレでしょうね・・・。


などと、色々考えてしまいましたです。
本日のデイリースポーツに、ゆうひさんが一面使用で載っていました。
●写真3枚
・大写しのカシウス
階段で暗殺者達とブルータスを待っている所。カシウスソロ。暗殺者達は眠っています。
・エメラルドの男銀橋全身
・私服顔アップ(お洋服は読売夕刊の時のと多分一緒)

●インタビュー
・音楽とリズムにずれないようのっていきたい。
・轟さんからは男役を盗んでいきたい。
・存在感を出していきたい。
・学年も上がってきたので、自分も下級生に伝えられるものを。

といった事をお話しされてました。
今の舞台でのものすごい存在感、オーラは、
こういう意気込みあってのものだったのか~、
と非常に納得でした。

●マイブーム
よもぎ蒸しだそうです(含笑)

すっぽり首まで包まれて蒸されているうひたん・・・
かわいい・・・
2006.05.16 カシウス様
東宝組の方、まだ詳細からは耳を塞いでいたい方は要注意です。
台詞から始まります。


... 続きを読む
暁のローマ、初見から既に、観ながら突っ込みまくりというか、
「???」
が多くて、おかげで2公演目の観劇、色々観劇テーマを作って観る事ができました。



で、ポルキア。

最初見たとき、


「なに?この人。会話がかみ合ってないよ」


と、気になって気になって仕方がありませんでした。


ブルータスに

「君は偉大で自由なカトー(?)の娘」

と言われて

「いいえ」

と返すわけですが・・・。

こういう流れだったら、通常の、国語的な返しは
偉大又は自由の反対語を使いそうなものなのに、彼女は

「父は孤独でした」

と答えるのです。


・・・。
なぜ唐突に「孤独」とくるのか・・・。

違和感あるんですけど。


ま、今は、

【偉大で自由と人からは素晴らしく見えたかもしれないが、内実はそんな良いものではなかった。敢えて言うなら】

という一文を「いいえ」と「父は」の間に入れて、
無理やり納得させてます。

又は、この辺のかみ合わなさが、後の狂ってしまうポルキアへの伏線とか。
(違うんだろうけどさ。でも、そうとでも思わないと・・・)



それに、カシウスの元に行こうかどうか考えてるブルータスに

「何もききません。あなたは私が誰の娘だかご存知だから」

って言ってるけど、これって、ある意味脅迫に聞こえるんですが・・・?


カエサルの敵だった父を持つ私を妻にもってるんだから、
もちろんカエサル暗殺話にのるわよね

と迫ってるように聞こえてしまって・・・。


あなたの帰りを待ってる。
いつでも側にいるわ。


とかかわいく歌ってるけど・・・。


こわいよう!
行って参りました。

大空さん大変な事になっております。

あれはいったい何なんでしょうか・・・。



超絶美形悪役


極めておられました。
... 続きを読む
東宝雪組公演、2回目観劇。
そしてマイ楽。
かしドレが観れなかったのが心残りです・・・。

今回の観劇は、【全体を、「ベルばらの世界」を眺める】をテーマに臨みました。
これが終わったら、当分ベルばらはみないでしょうから・・・。
あっ!全ツがあったわ。

え、えと~、気を取り直して。
という事で細かいチェックはしてません。気が付いたことのみ。(いつもか)


ルルーとアンドレ。
とうドレの時は、「アイロンかけるぞ(髪に)」とか言ってたけど、あれはアドリブだったのね~。


かしジェロ
やっぱり、彼の振られた後の引き際が素敵。
台詞から所作から、かしジェロの為に作られたんじゃないかと思ってしまいましたわ。


マロングラッセ
好き~。
マロングラッセとのやりとり、ゆひカルにもして欲しかった。
宙ベルばらフェルゼンとマリー編ではあったのに・・・。
そういえば、マロングラッセと抱き合うところって、床に立膝でしたっけ?
こないだまで立ってたような気がしたのですが・・・。
気のせいかな?


コムカル
ほんと、神々しいまでの美しさ。
オーラ出まくり。
コムちゃんのオスカルが見れて、本当に良かった・・・。


ペガ
ムラで見た時は、もっと客席の方に出てきてたように思ってたんですが、
銀橋位までしか出なかったんですね。
ペガちゃんが出演と聞いた時は、正直ヲイヲイと思ったものですが、
客席の盛り上がりよう、1幕の終わった後のどよめきと興奮を見ると、
これもアリだったのかな~、なんて気にさせられます。


ところで、私は原作をほとんど知らないので、いまだに展開に付いていけないシーンがあります。
衛兵隊をオスカルが子守唄で説得する所。
なんでいきなり「それでも君たちは・・・」っていう流れになるのでしょうか・・・。
原作知らない人間には、ほんと分かりません。
適当に脳内補完してますけど、きっと違うんだろうな~。
原作読んだらびっくりしそうです。
東宝エリザを観劇してきました。
友人の観劇上京に合わせたので、この日になりましたが・・・。
ま、この予定が無くても会社は休めなかったしね・・・。

という事で、武田トートを見ての感想。


初めに目が行ったのは、やはりお衣装。

だってお腹が見える位深いふか~い開き。
前身頃は半分以上が目の粗いレース。
上下黒なんだけど、だからより一層素肌が映えてしまい・・・。

見ろ!

と言わんばかりでした。
いや、言ってるよね?
だって武田君と言えば、ムキムキの肉体美だもん。
自分の持ってる美点を最大限強調して武器としてるわけだから、
見なきゃ失礼に当たりますわ。

次の衣装も黒のシースルー。

筋肉の凹凸美をとことん堪能できました。

カフェでは赤ジャケにシルク(?)ハット。

と、武田君らしくスタイリッシュでありました。


ここまでは、見た目のお話。


役作りは・・・。


何と言うか、衝撃的でした・・・。

いや、何かが破壊的と言う訳ではなく。


冷静に分析すれば、トートの気持ち、心の動きを強調して表現したのね~、となるんですが、
何だか今迄のトートとは次元の違うものを目の前に叩きつけられた様な、
そんな気持ちにさせられるトートでした。

東宝だけでも3人目、ヅカを入れたら8人目。
役作り大変だろうな~、などと思っていましたが、いやいやどうして。
武田君のモノにしてたと思います。


健治君は、より青年らしくなっていました。
この作品が出世作となった彼ですが、この作品と共に成長してるのが見えたような気がします。
ひきがねを引くときの表情が、これまでとちょっと変わっていました。
席の角度のせいかな?
解釈がかわったのかな?
そうそう、ミルクの時のアルバイト、今までは帽子を目深に被って顔を隠してましたが、
今回は全開!
既にアルバイトはバレてるしね、潔くって良かったです。
ただ、ダンスは・・・。
彼は手足が長すぎるせいか、ちょっともてあまし気味に見えちゃうんですよね・・・。
この点だけは、●ー●ー7●●
(伏字だらけ・・・)
(分かる人には分かる)
の頃からあまり変わってないなぁ・・・。
がんばれ!
2006.05.12 本日月初日
月組のみなさん、大劇場公演初日おめでとうございます。
今回の初日は、残念ながら観に行けないのですが、
友人が観に行けるようなので、
そちらの感想を待ちたいと思います。
2006.05.08 ご卒業
いよいよ今日、たかこさんは大劇場公演千秋楽です。

私はたかこさんがいたからこそ、宝塚ファンに戻ってきたわけで・・・。

未だに信じられないでおります。
東京公演も、おそらく前楽、楽ともに観れるチャンスは無いと思いますので、
いつまでも信じられないままなのかもしれません・・・。

せめてパレードだけでも観に行きたいけど、
すごい人でしょうね~。

千秋楽公演、無事に終えられますように。
パレードのガード、ギャラリーご参加の皆さんに、事故や怪我などありませんように。
す~ごくお久しぶりでございます。
話題は色々あったんですけどね・・・。
いろいろとで、ちょこっとご無沙汰してしまいました。

え~と、グラフ5月号。



↓購入までの前置きです。長いです。

今日は日比谷界隈に行ってきました。
で、一緒にいた友人との別れ際、
「私、歌劇買ってから帰る~!」
と颯爽とキャトルに向かって探したのです。
「歌劇5月号」

無い!無いよ!
お花さまのサヨナラ特集号だから!?

と、冷静な表情(多分)のなかで大慌てしていて、急に思い出しました。
2日発売だよね~。
と友人が言っていたことを・・・。

1日位早く出してくれてもいいのに
(いじいじ)(責任転嫁)(キャトルは悪くない)

ということで、まだ買ってなかったグラフ5月号を購入したのでした。
(前置きながっ)

●匿名リサーチ
まずはこれから。
【リサーチ1】
うたた寝・・・。今コレを書いている私は、うたた寝あけです・・・。
大空さんと同じく、
「あぁ~やってしまったぁ~!」
と罪悪感にさいなまれ、
何か身のあることせずにはいられなくなって、コレを書いている次第です。
(ブログ記事を書くのが身のあることなのか?)

【リサーチ3】
「ちなみに私はただまったりしています」
・・・。
そうなの?早起きなの?
朝まったりした後楽屋に向かわれているなら、入りの時あんなに・・・
(以下省略)(察してください)
ちょっと衝撃でした。早起きの大空さん・・・。

【結果発表】
・ポップコーンをお召し上がりになってたのを全然覚えてらっしゃらないのが、何故かすんごいツボりました。
かわいいな~。
「お前だろう!?」って言ったそばから・・・。
てか、「お前」よばわりするゆうひさん、かっこいい~!

【みっちゃんから見た大空さんの前世】
どうあってもフランス人なんですね(笑)みっちゃんから見ると。

【大空さんのチャームポイント】
ええ、ええ、そうですよ!
やられておりますよ!
横から垣間見ているファンがやられてるんだから、
それに直撃されている組子さん達はさぞや

メロメロ

でしょうね・・・。



●Young Bloods
ちあきちゃんが写ってる写真は、2枚。
妖しい系のがあって嬉しい~。
記念記念。

●あかねさす中日版
【P53集合写真】
右端の横を向いてる方がと~っても気になるのですが・・・。
リュウ様?
さらにその右のきりやん(?)のお世話をしてあげてる様で・・・。
若様のお世話をする執事風!?
なんだか、とぼけた風のいい味が、気になって気になって仕方がありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。