上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行って参りました。


下手から


司会者、ゆうひさん、かなみん、あさちゃん、きりちゃん、話がすすんでから後からご登場植田センセイ。



ゆうひさんは、ベージュのシンプルなスーツに焦げ茶地に白水玉のふりふりブラウス、ベージュの靴(ブーツ?)でした。

どんな話だったかはですね・・・。



「どんなに良い脚本を僕が頑張って書いても、演じる方がだめならだめになる」

とかなんとか、とんでもない暴言が某爺から飛び出して!!!
他の話、もう忘れちゃいましたよ・・・。


思い出したら追記します。



あ、でも、上の発言は月組に対しての言葉じゃありませんです。

今の公演に関しては、



「想像していた以上に創ってくれて・・・」
とかなんとか。
褒めてくださってました。(いきなり丁寧語)


植爺からスターそれぞれへの講評があり、
祐飛さんへは

「陰のある役がはまる人だしお稽古場とかでも陰のある感じだが、ディナーショー等でのしゃべりを聞くとおかしい(面白いという意だった模様)ので、こういう(ジョルジュみたいな役)のもいけるかなと思った」
演出家にも誰にも入り込めない、瀬奈との同期の絆が生かされるのでは、とおもい最終的にジョルジュにしたが、上手く生かされている」

だとか。

それを真剣に聞く、祐飛さんの表情がきりりと素敵でした。


それにしても、こんなにあさゆひセナゾラを推奨するのは何故?
何かウラでもあるんでしょうか?




そして一言申し上げたいのは、このフォーラムの司会者・・・。
もうちょっと話を膨らませるっていう考えは出なかったのだろうか・・・。
質問へのコメントに
「そうですか」
だけで、次の話題へってあんまりじゃあ・・・?

Secret

TrackBackURL
→http://clubhibiya.blog23.fc2.com/tb.php/378-e0835431
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。