上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観るなり思ったこと。



月にくれ~!!!



ぜーはーぜーはー。



フェルナンド、ラモン、ロドリーゴが銀橋に出てくる所なんて!


私、月の3人に置き換えてみてしまいましたよ・・・。


以下、印象に残った順につらつらと。





しかし、ロドリーゴが2番手、ラモンが3番手に見えるな~。


などと思ったら、初演はそういう配置だったんですね。
それを敢えて取り替えて演じさせたのは・・・。
ラモンを蘭トム君にさせたかったという事なんですかね?





たっちん
最初、ご登場シーンでは、
「誰!?この子!!!かわいこちゃん!こんな子が宙にいたなんて」
と、オペラをがっつりと。

た、たっちん・・・。

彼女には、ネバセイの時のような力強さとか、
竜馬の時のおてんばさんとか、
そういうイメージがあったので・・・。
こんなにおっとりヨヨヨとしてるお姫様もできる子とは、思いませなんだ。
とはいえ、おっとりの中には耐えて待ち続ける芯の強さもしっかり出していて、
好感の持てるお姫様になっていて。
さすが実力派。

観れば観るほど、もっともっと観たい聴きたいと思わせてくれる娘役さんです。

みっちゃんバウ、楽しみ~♪





ともちんが、めちゃめちゃかっこ良かったですわ~♪
正に色悪。
シルヴィアが最後にああいう結論を出したのは、
ルカノール公爵への愛が芽生えていたからではないかと思わせられました。

勿論ロドリーゴを愛していたとは思いますが。
やはりルカノール公爵も魅力的と。


でもって手下のいりすちゃんも!
クールでかっこいいわぁ~。





ロドリーゴ@みっちゃん
プライドの高い貴族らしさが自然に出ていて、
暁のローマのオクタヴィアヌスの時にも思いましたが、
育ちの良さを無理なく出せる人だなと。
歌をはじめなにもかもが安定していて、安心して観ていられました。
宙での自分の役割をしっかり分かっていて、そしてこなしてるって感じでした。





ラモン@蘭トム君
フェルナンドの家の前で逡巡し、泣いてしまうイサベラを抱きしめるラモン!
これよ!これなのよ!蘭トム君の包容力!
私もこんな風に抱きしめられたい~♪
と思わせてくださる=夢を見せてくださる
そんな包容力でございます。
みっちゃんのこのシーン、どんな風になるんだろ?
こちらも観たいです・・・。




うめちゃん@イサベラ
分を弁えた大人のイイオンナ。
そんなイサベラを好演。
うめちゃんに、ますます惚れましたわ~♪



●ショー

チギーチュって・・・。
藤井君、あなたって人は・・・。
もう、この役名見ただけで脱力したじゃん・・・。

チギーチュ君は、めいっぱいキラキラしていてめちゃめちゃかわいらしかったです♪



バニーボーイの、黒燕尾に黄色い丸い尻尾にぐっときましたわ。
我がご贔屓にも、身に着けてみていただきたいものでございます♪


Secret

TrackBackURL
→http://clubhibiya.blog23.fc2.com/tb.php/423-72036139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。